2005年09月11日

カルピス、Lカルニチン入りの茶飲料 ダイエットしたい30代以上向けに発売(medwave)

カルピスは、Lカルニチン入りのペット茶飲料「ファインサポート カルニチン茶」(350mL入り、168円)を、9月12日から全国のコンビニエンスストアや量販店、ドラッグストアで販売する。

 ウーロン茶をベースに緑茶とほうじ茶をブレンドした茶飲料で、1本にLカルニチンを500mg含む。

 Lカルニチンは、筋肉や心臓に多く含まれるアミノ酸の一種。体内の脂肪酸は、細胞内のミトコンドリアで燃焼されるが、このとき脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ働きをするのがLカルニチン。摂取目安量は、1日あたり100〜500mg程度といわれる。

 Lカルニチンは加齢とともに不足する。不足すると、ミトコンドリアに脂肪酸が運ばれにくくなるため燃焼されず、太りやすくなる。

30代以上の人がよく飲む茶飲料にカルニチン入れ30才以上の方のダイエットしたい人向けに発売する。

ダイエットはどの世代も関心のあることだと思いますがマーケットは若い女性向けが圧倒的だと思います。
こういったそれ以外の人に向けたダイエット製品が出てくるのは喜ばしいことだと思います。
posted by 山田 at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アスピリン、より高用量の長期使用で大腸がんリスクが低下する ただし消化管出血リスクは上昇(medwave)

大腸がん予防におけるアスピリンの効果を評価し、より高用量を長期間摂取すると、大腸がんリスクは半減することを示した。一方で、消化管の大出血のリスクは2倍になるという。
大腸線腫の予防を目的とする短期的アスピリン投与の再発リスク減少効果が示されている。が、アスピリン摂取と大腸がんリスクの関係については情報が少なく、長期間の追跡はほとんど行われていなかった。
研究者たちは、アスピリンだけでなく、イブプロフェン、ナプロキセンなどの非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDs)とアセトアミノフェンの影響も調べた。
アスピリン以外のNSAIDsについても同様の結果が得られた。週2錠以上の摂取で多変量調整後相対リスクは0.79(0.64-0.97)。効果は直腸がんについては有意でなく、作用には用量依存的だった。アセトアミノフェンの定期的な使用はリスク減少をもたらさなかった。
今回の研究は女性のみを対象としているが、著者たちによると、大腸がんおよび大腸線腫に対するアスピリンの予防効果は、男性にも見られるとの報告がある。


前回ご紹介したオリーブオイルの鎮痛効果の記事でふれたがんリスクの低減はこの研究を元に可能性を示唆したものと思われます。
posted by 山田 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。