2005年09月22日

みかんの成分β-クリプトキサンチンは骨形成を促進 (medwave)

動物実験でカロテノイドの一種であるβ-クリプトキサンチンが骨形成の促進にはたらくことを新潟大学農学部農業生産学科の池田紀子氏らが発表した。

 β-クリプトキサンチンは柑橘類や柿に含まれ動物実験により大腸がんや皮膚がんの予防効果が報告されている。

 実験結果より池田紀子氏らは「β-クリプトキサンチンは骨吸収を抑制するとともに、骨形成も促進する」と結論づけている。
posted by 山田 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨の病気に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タマネギに含まれるケルセチンの投与で骨密度の減少を抑制 (medwave)

フラボノイドの一種でタマネギに多く含まれるケルセチンが動物実験で骨密度の減少を有意に抑制した。徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部の辻光義氏らがで発表した。

 ケルセチンには、ガンや動脈硬化などの原因である活性酸素を抑える抗酸化作用と、花粉症やアレルギー性皮膚炎に対する抗炎症作用があることが報告されているが、骨量への影響に関してはまだはっきりしていない。

 このことから辻氏らは、タマネギの他にホウレンソウ、パセリなど、ケルセチンを含有する野菜を積極的に摂取することが骨粗鬆症予防に有効であり、イソフラボンとは異なる経路で生体に作用すると結論づけている。


まだ動物実験の段階のようですが人体への影響がはっきりしたら店頭に健康食品としてならぶ日も来るかもしれません。
posted by 山田 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨の病気に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。