2005年11月26日

心臓の血管疾患33%抑制 高脂血症薬プラバスタチン (共同通信)

高脂血症治療薬プラバスタチンで心筋梗塞などの冠動脈疾患の発症率が33%抑制されたとする国内初の大規模臨床試験の結果を、中村治雄防衛医大名誉教授らがまとめ発表した。
 欧米では既に同様の結果が出ており、日本人でも裏付けられた。
 試験は、冠動脈疾患がなく総コレステロール値が血清100ミリリットル当たり220−270ミリグラムの患者約8000人(平均年齢約58歳)を、食事療法だけのグループと、食事療法とプラバスタチンを併用するグループに分け、平均5年以上観察した。
 食事療法単独群に比べ、併用群では冠動脈疾患の発症率は33%少なく、脳梗塞を加えた動脈硬化性疾患では30%抑えられた。
以上ニュースです。



posted by 山田 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心臓病に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

発症1年前に肝がんを予測する新技術 (共同通信)

 肝細胞がんを、発症の1年前に高い確率で予測できる新しい診断技術を、坪内博仁・鹿児島大大学院教授と宮崎大医学部の研究グループが開発した。診断は血液1滴で可能だという。 肝細胞がんの早期診断は現在、超音波検査と血液中の腫瘍マーカー(がんの目印)測定の組み合わせが中心だが、より手軽で精度の高い発症予測が可能になり、治療の成功率が高まると期待される。
 研究を支援した宮崎県産業支援財団によると、研究グループは肝細胞がんの患者や健康な人ら計約110人の血液を調べ、患者だけに見られたり、量が多かったりするタンパク質6種類を特定した。診断は、この6種類の量を専用の装置で解析し、基準値と比較して発症の危険性を判断する。
以上がニュースです。

posted by 山田 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 癌に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酸素カプセル好評 県内の整骨院など導入、けがの早期回復求め (徳島新聞)

サッカーの2002年日韓ワールドカップ直前に足の甲を骨折して出場が危ぶまれた英国代表のベッカム選手が治療の一部に利用したことで知られる高気圧、高酸素濃度の「酸素カプセル」が、徳島県内の整骨院などで導入されている。カプセル内では、より多くの酸素を体内に取り入れることができるため、けがの回復や疲労回復に効果があるとされている。導入した整骨院では、小学球児からお年寄りまで利用があり好評という。

 東京厚生年金病院の柏口新二整形外科部長は「肉離れやねんざなどで多少の効果があるとの研究報告は出されている。ただ、過剰な期待はしないで、専門医師と相談して正しく利用してほしい」と指摘している。
以上がニュースです。


スポーツ選手では怪我はほんとに深刻な問題でしょう。
ある程度効果があるなら整形外科などでもどんどん導入して欲しいものです。

ちなみにこれが酸素カプセルです。


オアシスO2”通称ベッカムカプセル”本体
posted by 山田 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨の病気に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒー1日1、2杯が高血圧防止に効果的 (時事通信)

 1日常生活の中でコーヒーを適量飲む人は高血圧になる割合が低いことが慶応大学医学部非常勤講師の船津和夫医師(内科消化器)らの調査で分かった。
 東京都内の診療所で2003年10月から04年3月までに生活習慣病健診を受けた人が調査対象。高血圧や高脂血症などを治療中の人を除く、20−70代の男性4554人を分析した。 
以上がニュースです。


コーヒーを飲むならおいしいに越したことはないと思います。
インスタントに比べ味、香りがぜんぜん違います。
体にもいいし毎日コーヒーのもうかなと思った方はインスタントはやめて本格的なコーヒーをお試しあれ。
大館焙煎珈琲 コーヒー店KOW

ニコチン依存症

ニコチン依存症 
たばこに含まれるニコチンが原因で起こる依存症。
禁断症状としては注意散漫や昼間の眠気、手の震え、過剰な食欲増進などがある。統計より、自力で禁煙を試みた場合約60%の人が3日ともたずまた喫煙してしまうことが言われている。
posted by 山田 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喫煙者7割が深刻なニコチン依存症 (産経新聞)

 喫煙者の七割が深刻なニコチン依存症に陥る一方、その六割が禁煙願望を持つことが十九日、大阪府立健康科学センターの中村正和健康生活推進部長(予防医学)の調査で分かった。
 中村部長は六月、喫煙者を対象に調査を実施、二十−七十代の千六百六十六人(男性八百七十二人、女性七百九十四人)の結果を分析。
 調査では「禁煙や本数減に失敗したことがあるか」「健康問題が起きると分かっていても吸うことがあったか」など十項目の質問を行い、五つ以上「はい」がある人を依存症と診断。
 調査の結果、男性は67・1%、女性は67・8%、全体では67・4%が依存症と判明。禁煙願望を持つのは、非依存症で36・8%に対し、依存症では62・1%となり、特に女性で70・3%と高い数字になった。
 禁煙を試みた経験では、非依存症の42・2%に対し、依存症の人は70・6%に上り、禁煙したくてもできない依存症の深刻さが浮き彫りになった。
 一方、過去一年間に病院で医師に禁煙を勧められたのは依存症の人で32・3%、非依存症の人で19・8%。具体的な禁煙方法を指導されたのは16・0%、9・4%にとどまった。
 医師による禁煙治療をめぐっては、厚生労働省が平成十八年度の診療報酬改定で医療保険の適用対象にする考えを示すなど、「医療行為」との考えが浸透しつつあるが、医療現場での定着までは遠いようだ。
 一方、「値上げでたばこをやめるか」との質問には、全体の31・0%が「やめる」と回答。このうち70・2%は「五百円以上ならやめる」と答えた。
 中村部長は「たばこをやめるのは、同じく依存性があるヘロインやアルコールと同じくらい困難。日本は禁煙治療について、一刻も早く欧米並みに真剣に取り組む必要がある」と指摘する。
以上がニュースです。  



禁煙に失敗する方は禁煙のやり方に問題がある場合が多いそうです。
禁煙はだんだんタバコの量を減らすやり方(「減煙」とでも言いましょうか)はほとんど失敗に終わるそうです。
やめる場合はスパッとタバコを断つことが重要で、たいていの場合一回ではうまくいかないことが多いそうです。
失敗してもあきらめず何度も挑戦してみましょう。

ニコレットなどではやめれなかった方はこちらの商品を試してみてはどうでしょう?

「戒煙健香」という商品なんですが資料によると3日から7日ぐらいでタバコがやめられます。
使い方はいたって簡単で匂いを1日数回合計15〜25分程度嗅ぐと、タバコが美味しく
なくなり次第に衰退気持ちが減少します。
個人差はありますが、おおよそ3日から7日ぐらいでタバコをやめることができます。 
中国で1991年、50.000人に対してテストを行なった結果、99.3%の人がタバコをやめたという結果がでているそうです。
この規模の人数でこの数字は驚異的です。

北京の天津現代保健品応用技術研究所の教授が、中国に古くから伝わる秘法を10年以上もの歳月をかけて研究開発した価値ある商品です。
「戒煙健香」の成分は人参、白木、紅花など中国植物のエキスだけを使用、香りに毒性がなく安心してご使用になれます。また商品が高く評価され、中国タバコ健康協会から特別賞を受賞ほか数々の賞を獲得し、アメリカ、ヨーロッパ各国に輸出され、愛用されています。

今までうまくいかなかった方は試してみてはどうでしょう。
タバコの害は身体的にあるのはもちろんですが長期間の喫煙による経済損失も非常に大きいです。
posted by 山田 at 15:52| Comment(1) | TrackBack(0) | タバコの害に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

犬の癒やし効果 (共同通信)

犬との短時間の触れ合いは、心臓病患者の不安軽減や血圧などの改善に人と接するより大きな効果をもたらすと、米カリフォルニア大ロサンゼルス校のチームが15日、テキサス州で開催中の米心臓病協会の会合で発表した。犬の「癒やし効果」を具体的な数値で示した研究は珍しい。
 チームは心不全で入院中の患者76人(平均57歳)を3班に分け、12分間にわたり(1)ボランティアが連れてきた犬と触れ合う(2)ボランティアだけの訪問を受ける(3)ベッドで安静にする−を実行してもらった。
 その結果、犬と触れ合った患者では、不安の強さが訪問前より平均24%低下した。人の訪問では10%しか低下せず、安静に寝ていた患者には変化はみられなかった。



前にペットとのふれあいはストレス解消によいという研究をみたことがあります。
今回はより突っ込んだ研究内容のようです。
長生きの秘訣はペットを飼うことかもしれませんね。


ペットとの生活を楽しむために


posted by 山田 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

プーアル茶とダイエット

プーアル茶

巷でよく聞く名前ですがどんなものか皆さんご存知ですか?
プーアル茶は黒茶の一種です。
プーアル茶の製法は後発酵といい、緑茶を黒麹菌を媒体にして半年から1年かけて発酵している。飲んでみて少々カビ臭いのはこの為です。
茶葉を長く寝かせると味がまろやかになるといわれ、古いものほど珍重されます。
プーアル茶は中国南部の雲南省が産地です。
実はプーアル茶は詳しい製法の過程や方法は、今でも国が厳重に管理している国家機密らしいです。

薬でないので効能という言い方はまずいのかもしれませんがプーアル茶は最近の研究結果では脂肪分解作用が期待でき糖尿病への効果もあげられています。


プーアル茶は毎日の健康管理やダイエットにぴったりのお茶なんですね。

ティーライフ ダイエットプーアル茶3点で980円ポッキリセット

格安のサンプルがあります。
サンプルを買うと特別優待券がついてきますので
サンプル分は丸々お得ということになります。
プーアル茶のことが気になった方、日ごろの健康管理、ダイエットにお試しください。
posted by 山田 at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

花粉症、マウス実験で遺伝子組み換え米を食べて緩和 (毎日新聞)

 農業生物資源研究所などの研究グループは、スギ花粉のたんぱく質を作るよう遺伝子組み換え操作をした米をマウスに食べさせたところ、花粉症のアレルギー症状を緩和できたと発表した。
 花粉症は体内の免疫システムが花粉を異物と認識、くしゃみなどで体外に出そうとするために起きる。花粉の小型たんぱく質を日常的に食べることで体が慣れ、アレルギー反応が弱まる。
 


私は個人的には遺伝子組み換えの食品には抵抗があります。
ただ今後、長期の研究で健康被害等なければ花粉症の方には朗報ですね。
薬に頼らず症状が抑えれるのですから。

まだ今からは時期が早いかもしれませんが薬やマスク以外に花粉症の対策する方法は色々開発されてます。
花粉症対策に花粉撃退スプレーもあります。毎年ひどい方は試してみては?
花粉症対策はシーズンのはじまる前からしておきましょう。
posted by 山田 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アレルギーに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早起きで、眠気すっきり=光浴び、ステロイド分泌 (時事通信)

体内時計が「夜」の状態で光を浴びると、副腎皮質からステロイドが活発に分泌されることを、神戸大大学院医学系研究科の岡村均教授(脳科学)らの研究グループがマウスを使った実験で突き止めた。
 ステロイドは朝起きる前に大量に分泌され、眠りを浅くする効果があるとされる。光を浴びるとより分泌が進むことから、岡村教授は「朝日を浴びて起きるとすっきりする仕組みが解明されたのでは」としている。 



朝、強い光を浴びるとすっきりすることは経験的に言われてきました。
こういった体内のシステムのおかげだったんですね。
睡眠の関連でひとつ紹介します。
快眠生活というサプリメントがあります。眠りの浅い方などにオススメのサプリメントです。眠れないが睡眠薬は怖いと考えてる方、サプリメントなら気軽に試せませんか?
posted by 山田 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。