2006年03月28日

寝室丸ごと快眠システム

松下電工はベッドや照明、テレビなどを自動制御して寝室全体で快適な眠りに導く「快眠システム」を開発。


このシステムは小型端末で一括操作する。


起床時刻を設定して電動ベッドに横たわると、センサーが眠りの状態を感知し、全身をマッサージするほか、照明を徐々に暗くしたり、リラックスさせる音楽や映像を流したりして深い眠りに誘う。


起床時刻が近づくと照明やテレビが作動し、心地よい目覚めを促すという。


値段が300万−400万円するということですからそうそう一般の人には手が出ないかもしれませんがそのうちホテルなどでお目見えしそうです。


快眠グッズや快眠を促す機器はありましたが部屋ごと快眠できる環境にするという発想はすごいです。


posted by 山田 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。