2005年07月12日

肝癌リスク、コーヒーで半減 (朝日新聞より)

コーヒーの愛飲者は肝臓がんのリスクが半減するという調査結果が日本の国立がんセンターの研究チームにより公表された。飲む量が多いほど効果があるという。調査は9万人を越える男女を10年間にわたって追跡した大規模なもの。統計的に分析した結果は日常的にコーヒーを飲む人は肝臓がんになる率は10万人当たり約214人。
ほとんど飲まない人は約547人と2倍強の結果になった。
また1日1〜2杯の人より1日3〜4杯の人の方がリスクが減っていたという。
コーヒーが肝臓がんを予防する仕組みは不明だが抗酸化作用のある成分がコーヒーに多く含まれているおかげではと見られている。
だが肝臓に障害があるとコーヒーが飲めなくなって結果的に飲んでる人が肝臓がんにかかりにくく見えるといった可能性も否定できない。
日本の肝臓がんの9割は肝炎ウイルス感染によるもので今回の研究チームは「ウイルスに感染している人たちの中でコーヒーに予防効果があるかを検証したい」という。

コーヒーを飲むならやはりおいしいものがいいですよね最高品質のものをおすすめします。

posted by 山田 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 癌に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5021056

この記事へのトラックバック

コーヒーが好き
Excerpt: noko3、コーヒー好きです。 しかーし、コーヒーを飲みすぎ
Weblog: のこのこGOGO
Tracked: 2005-07-15 21:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。