2005年07月20日

コーヒーで目のさえるわけ解明
(毎日新聞より)

コーヒーなどに含まれるカフェインと結びついて眠気を調整する脳内たんぱく質を大阪バイオサイエンス研究所などの研究チームが突き止め発表した。

睡眠障害治療薬や眠気防止薬などへの応用が期待される。睡眠を促す物質の一つに神経伝達物質の「アデノシン」がある。カフェインが眠気防止に効果があるのはアデノシンと結びついて働きを阻害するためだがどのような仕組みかはわかってなかった。

研究チームはアデノシンと結びつく受容体を持たないマウスと正常なマウスにカフェイン(1kgあたり15mg・人のコーヒー約3杯分)を注射し睡眠リズムを調べた。その結果「A2A」と呼ばれる受容体を持たないマウスはカフェインを注射しても睡眠時間が変わらなかった。

正常なマウスはカフェインを注射すると睡眠時間が短くなった。

研究チームの裏出良博同研究所研究部長は「カフェインに変わりA2A受容体にだけ働く薬を開発すれば副作用の心配なく運転手や昼間の眠気に苦しむ人が使える」と話している。



           ドライブ・アラートマスター【欧米人気商品【アジアンセール】】

運転中の居眠りをスマートに防止

ドライブ・アラートマスター



           
【快眠生活】雑誌DIMEで紹介されました!心地よい眠りを手に入れたい方へ!睡眠薬はちょっと怖いと言う方にオススメです。【●●オンラインショップ104●●】


雑誌DIMEで紹介されました!

心地よい眠りを手に入れたい方へ・・睡眠障害の方が増えています。

眠りはとても大切な要素です。睡眠薬はちょっと・・と言う方へ
posted by 山田 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5216211

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。