2005年07月27日

用語解説 ヘリコバクター・ピロリ

胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などと深い関係にあると考えられている菌である。
胃の中は強酸性なのでほとんどの細菌は死滅してしまうが、ヘリコバクター・ピロリは自分のまわりをアルカリ性にして酸を中和しながら生き続ける事が出来る。
このヘリコバクター・ピロリが出す毒素によって胃の粘膜が刺激され、炎症を起こして潰瘍をつくると言われている。


マヌカハチミツ/アクティブ10+でオーガニックピロリ菌の気になる方に世界で唯一のヒーリングハニー

ヘリコバクターピロリ菌抗体検診

posted by 山田 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5399786

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。