2005年08月19日

睡眠の役割

睡眠は日常の中ですべての人が経験することですが睡眠をとるということが当たり前すぎてあまり深く考えることは少ないのではないかと思います。ここではその睡眠ついて掘り下げていこうと思います。

人間は日常のさまざまな活動により、脳や身体の細胞に疲労物質、老廃物など体に必要ないものがたまります。それを睡眠で疲労した脳と身体を効率的に休め必要ないものを取り除き、すみずみまで栄養を補給するのですが睡眠時間があまり取れない場合など寝不足になり、疲労物質がとれないため疲れやすくなったり、肌の調子が悪くなったりイライラや集中力の欠如が起こりやすくなるなど仕事や日常の生活に大きな影響を与えます。

また今まで謎の多かった睡眠の役割が次第に明らかにされ、免疫、代謝といった基本的な生命機能にとって適切な睡眠が重要であることもわかってきました。そのうちの一つに睡眠中にさまざまなホルモンが分泌されるという事があります。その中には成長ホルモンも含まれます。成長ホルモンと聞くと「昔から寝る子は育つ」と言われてるのを思い出すかも知れません。ですが実は子どもの成長に不可欠なだけでなく、大人にとっても皮膚再生など大きな役割をもっており、子どもにも大人にもとても重要なのホルモンなのです。この成長ホルモンは寝不足などで分泌が低下します。ですから子供の成長のためだけでなく女性のお肌のためにも睡眠はしっかりとるべきなのです。

次に睡眠と記憶の関系です。
記憶が脳に固定されるためには、レム睡眠(体は眠っていても脳は活動している状態)が必要なのです。ですから試験前に徹夜で勉強をしても、眠らなければその記憶はすぐに忘れられてしまいます。まさに記憶の固定から考えても毎日の積み重ねが大切なのです。また、レム睡眠で夢を見ている間に、脳は情報を取捨選択し、不必要な記憶を消去しているともいわれています。試験で良い点をとるにも睡眠は大変重要ですね。
posted by 山田 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 快適な睡眠のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6043557

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。