2005年08月21日

オメガ3脂肪酸

動物の脂肪は主に飽和脂肪酸で、植物性の脂肪や魚の脂は主に不飽和脂肪酸です。不飽和脂肪酸は構造が不安定で、その不安定さが血液の浄化作用を促す作用を持っているといわれます。
不飽和脂肪酸の中で構造によりオメガ3と呼ばれるものがあります。
青魚に含まれるEPAやDHAは有名ですが、これらがオメガ3に分類される脂肪酸です。
オメガ3はDHA/EPAとして、いわし、さば等の青魚、サーモンの魚油に多く含まれ、植物性ではα―リノレイン酸として亜麻仁油、しそ油、 ごま油、胡桃油等に含まれます。

オメガ3脂肪酸脳細胞を活性化し、記憶力や集中力を高める働きがあります。
さらに最近では、高脂血症、アトピー性皮膚炎や喘息、慢性関節リウマチ、過敏性腸障害などにも効果があるといわれています。

特にEPA (エイコサペンタエン酸)は血小板の凝固を抑え、血栓症を防ぎます。コレステロールや中性脂肪を低下する作用もあり、医療用医薬品としても使用されています。


<PR>
ハートマトリックス
天然コエンザイムQ10配合。ビタミンB・ビタミンE・EPA・DHA・葉酸も入った美容健康食品、送料無料、代引手数料無料
posted by 山田 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。