2005年10月05日

「酒粕ペプチド」で血圧低下効果 (京都新聞)

清酒大手の月桂冠は、日本新薬と共同で血圧低下効果の期待できる機能性食品素材「酒粕ペプチド」を開発した。月桂冠が酒かすを使って製造し、健康食品や食品原料として食品メーカー向けに販路を持つ日本新薬が来年3月に発売する。
 酒粕ペプチドは、アミノ酸が数個連なった構造を持つ物質で、酒かすのタンパク質を酵素で分解して製造する。月桂冠大手蔵(伏見区)の専用ブースで抽出し、粉末状で出荷する。
 同ペプチドは、血圧上昇にかかわるアンジオテンシン変換酵素(ACE)の働きを阻害する働きがある。1日2グラムを約10人に4週間、経口投与したところ、最高血圧の平均が145から138に下がったという。




このニュースを読んでの個人的な意見ですが医療用で高血圧治療薬として使われているアンジオテンシン変換酵素阻害剤と近い働きをするということは食品で販売されてもある程度、副作用等に気をつける必要も出てくるかもしれませんね。

posted by 山田 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康食品に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7750434

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。