2005年10月11日

世界初の抗エイズ漢方薬 タイで販売 (人民網日本語版)

 中国ではここ数年、漢方によるエイズウイルス予防・治療の研究が急速に進展。世界初の抗エイズウイルス漢方製剤「復方SH」がタイでの販売許可を取得。

「復方SH」は中国科学院昆明植物研究所が開発したもので、100%天然成分で作られた製剤。
 服用するとHIV感染者やエイズ患者の体内でエイズウイルスの増殖が抑えられることが実証された。
 数種類の薬を併用する「カクテル療法」にのようなマルチターゲット効果があり、「中国式カクテル療法」とも呼ばれる。




 昔からエイズに漢方や生薬を研究して使っている先生もいらっしゃいましたがエイズ治療の中ではあまり注目されてない分野でした。
ですがこういった製品が大体的に発売されると治療法もそのうち見直される日が来るのかもしれません。
posted by 山田 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | HIVに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7985976

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。