2006年03月28日

寝室丸ごと快眠システム

松下電工はベッドや照明、テレビなどを自動制御して寝室全体で快適な眠りに導く「快眠システム」を開発。


このシステムは小型端末で一括操作する。


起床時刻を設定して電動ベッドに横たわると、センサーが眠りの状態を感知し、全身をマッサージするほか、照明を徐々に暗くしたり、リラックスさせる音楽や映像を流したりして深い眠りに誘う。


起床時刻が近づくと照明やテレビが作動し、心地よい目覚めを促すという。


値段が300万−400万円するということですからそうそう一般の人には手が出ないかもしれませんがそのうちホテルなどでお目見えしそうです。


快眠グッズや快眠を促す機器はありましたが部屋ごと快眠できる環境にするという発想はすごいです。


posted by 山田 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

早起きで、眠気すっきり=光浴び、ステロイド分泌 (時事通信)

体内時計が「夜」の状態で光を浴びると、副腎皮質からステロイドが活発に分泌されることを、神戸大大学院医学系研究科の岡村均教授(脳科学)らの研究グループがマウスを使った実験で突き止めた。
 ステロイドは朝起きる前に大量に分泌され、眠りを浅くする効果があるとされる。光を浴びるとより分泌が進むことから、岡村教授は「朝日を浴びて起きるとすっきりする仕組みが解明されたのでは」としている。 



朝、強い光を浴びるとすっきりすることは経験的に言われてきました。
こういった体内のシステムのおかげだったんですね。
睡眠の関連でひとつ紹介します。
快眠生活というサプリメントがあります。眠りの浅い方などにオススメのサプリメントです。眠れないが睡眠薬は怖いと考えてる方、サプリメントなら気軽に試せませんか?
posted by 山田 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

高校で昼寝タイム導入したら、1日15分で、やる気出て成績上がった (medwave)

睡眠時間が少なく、昼間に眠気を感じる高校生が多いという。そこで、福岡県の高校が1日15分の昼寝タイム設け約1カ月半試みた。

すると、昼寝タイムに昼寝をした生徒は、勉強にやる気が出て、成績も向上したと答えた人が多かったことがわかった。

 アンケート調査をしたところ、昼寝タイムに週1日以上昼寝をした生徒は、それ以外の生徒に比べ、午前も午後も「頭がすっきりしている」との答えが多く、昼間の眠気が抑えられたことがわかった。

 また、「授業に集中できているか」「勉強にやる気があるか」「最近の成績は向上しているか」といった項目でも、「はい」と答えた人が多く、授業や学習にも良い影響があったと分析している。

 

以前から昼寝の有用性は言われてきましたが学校で実践した例ははじめて聞きました。
有用性が今後の研究でよりはっきりしてくれば将来企業でも作業効率を上げるために導入するところがでてくるようになるかも知れません。
posted by 山田 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

子供の夜泣きを減らすアロマパッチ ラベンダーやネロリの香り成分で眠気誘う (medwave)

天然アロマ成分を含むパッチタイプの「宇津こども夜ぐっすりアロマシート」は、香り成分を肌から吸収させて眠気を誘い、ぐっすり眠らせて夜泣きを減らすことを狙った商品。宇津救命丸(東京都千代田区)とネイチャーテクノロジー(北海道岩見沢市)が共同開発した。
薬のような副作用がなく、貼るだけなので子供に使いやすい。
夜ぐっすりアロマシートに含まれるアロマ成分は、ラベンダー、ネロリ、オレンジなどで緊張やイライラを緩和し、気持ちを落ち着ける入眠促進作用などをもつ。アロマシートによる睡眠導入の効果は、1997年に山梨大学で行われたヒト(成人)を対象にした臨床試験で確認されている。


成人向けアロマシートもあるそうです。
寝つきの悪い方は試してみてはどうでしょう。
posted by 山田 at 18:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

生活習慣

快適な睡眠の妨げになっているのが案外生活習慣だったりします。例えば寝る前にコーヒーを飲んだりしていませんか?睡眠直前でなくても夕食が遅い方だと夕食後に飲んだコーヒーのカフェインが寝つきが悪くなってる原因かもしれません。具体的には就寝の4時間前以降のカフェイン摂取は、入眠を妨げる傾向があります。コーヒー好きの方で不眠の傾向がある方はご自分の生活習慣を見直してみると案外簡単に寝つきが良くなるかもしれませんよ。

またよく聞くことがある寝酒ですが実は、寝酒は眠りが浅くなったり、断続的になるなど睡眠の質を悪くします。またアルコールを連用することで慣れが生じ、同じ量では寝付けなくなってしまったり、飲みすぎにつながりやすいことに注意しなければなりません。また睡眠薬とアルコールの併用は薬の作用が強くでたり、記憶障害、ふらつきなどの副作用が出ることがありますので、一緒に飲まないよう注意が必要です。

寝る前の飲食だけでなく睡眠をとる環境、寝具や寝室の光や音の調節などは快適ですか?快適な睡眠のための環境づくりとして、睡眠を妨げる騒音や強い光など防ぐ工夫をしたり寝具も自分にあったものを使うなど工夫することが大切です。あまり強い光が入ってくるなら遮光カーテンを検討してみるのはいかがでしょう。ただし、朝起きるときは爽快な目覚めのため日光などの光を浴びた方がいいということは知っておいたほうがいいでしょう。それらをよく考え窓からの入ってくる光の量をうまく調節できるカーテンやブラインドなどが適切ものを選びましょう。

枕や布団、マットなど素材や形がいろいろあります。枕やマットは好みにもよりますが低反発のものが感触や体圧分散するため人気が高いようです。自分にあったものを探してみましょう。
posted by 山田 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

三洋電機、「快眠プログラム」搭載の電気掛敷毛布を発売 (日刊工業新聞より)

【リリース・電気機器】新商品のご紹介
業界初、「快眠プログラム」搭載
心地よい睡眠をお手伝いする「電気掛敷毛布」を発売

                      三洋電機株式会社

【品名】電気掛敷毛布
【品番】BKS−PDC200、BKS−PC200
【愛称】ぐっすりサポート毛布「ス・ヤ・ヤ」
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【当初月産】2,000台
【発 売 日】2005年9月1日
【カラー】PDC200(P):ピンク、PC200(C):ベージュ 

 ◆主な商品の特長

 1.業界初(*1) 心地よい睡眠を考えた「快眠プログラム」採用
2.業界初(*1) 敷いて使う時はふわふわ、掛けて使う時はさらっとした肌ざわり「マイクロファイバー/綿 毛布」採用
3.眠っている時の暖めすぎを防ぐ「切タイマー」採用
※1:2005年8月2日現在 

 ◆関連特許 2件申請(発明数18項目)

I 概要 

現在、睡眠で休養が十分に取れていないという人は23%おり、特に20代から40代の働き盛りに多いとのデータがあります(1997年厚生労働省調べ)。それを受けて、睡眠に関する事業、商品は多岐に渡り、その規模は2010年には10兆円市場とも言われており(日本経済新聞より)、眠りに入る時、眠っている最中、寝起き時のそれぞれの不満を解消する商品が提案されております。

このような背景から、弊社では研究開発本部ヒューマンエコロジー研究所にて、睡眠と健康に関する研究開発に取り組んでいます。

一方、快適な睡眠を暖かさで補助する電気毛布は、昨年約71万台出荷され(電機工業会出荷ベース)、普及率も約48%(BBRデータより)と、安定した需要となっております。

今回研究開発本部と共同開発により「快眠プログラム」を開発し、コンシューマ商品の中でも眠りに密接した電気毛布を、従来の暖めるだけの機能から、業界で初めて*1眠りを科学し、快適な睡眠を支援する目的の商品として提案いたします。

*1:2005年8月2日現在

 II 特長

1.業界初(*1) 心地よい睡眠を考えた「快眠プログラム」採用

当社が考える快眠は、「すぐに眠れる」「ぐっすり眠れる」「すっきり目覚める」の三つを満たすことです。

 (1)「すぐに眠れる」は寝床に入ってから寝付くまでの時間が短く、深い睡眠が早く現れる事。
(2)「ぐっすり眠れる」は夜中に目覚めることが無く、深い睡眠、浅い睡眠が規則正しい間隔で1晩に3〜5回起こる事。
(3)「すっきり目覚める」は朝、すっきりと目が覚めて、気分爽快な感じがする事。

これら3つのパートで、より快適に眠るためには、寝床内温度がポイントになります。そこで今回、プログラムタイマー制御により温度制御を行い、より快適な睡眠をサポートする、「快眠プログラム」を搭載しました。

まず、床に入る約1時間前に通電し、自動速熱運転で寝床内温度を上げることで、心地良い暖かさで入床いただき、寝つきをよくします。次に就寝時、快眠プログラムをスタートさせると徐々に毛布の温度を下げることにより、体温や心拍数を下げ、深い睡眠に入り易いようサポートします。その後は適温センサーで室内の温度を検知し、寝床内温度を調整することで暑くも、寒くもないニュートラルな状態を作り出し、快適な睡眠に導きます。

さらに、あらかじめ設定しておいた起床時刻の約30分前から、再び温度を上げていき、快適に目覚める準備がはじまる環境にします。また、設定した起床時刻には、目覚まし代わりにアラームを鳴らしてお知らせします。

今回、この快眠プログラムの効果を実証すべく、立命館大学スポーツ・健康産業研究センター(*2)のご協力を得て検証実験を行い、それぞれのパートで効果のあることが実証されました。
また、快眠プログラムの設定温度、起床時間は一度設定すると次回からは、快眠プログラムを選択し「おやすみスタート」ボタンを押せばすぐに使えるようになっております。

*1:2005年8月2日現在
*2:ヒューマンオリエンティツドな次世代の科学技術の在り方を考える、  ヒューマンテクノロジー技術の産官学連携研究センター 
   http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/spoken/

 2.業界初(*1) 敷いて使う時はふわふわ、掛けて使う時はさらっとした肌ざわり「マイクロファイバー/綿 毛布」採用

 今回快眠プログラムモードを搭載するにあたり、より快適に眠っていただけるよう、毛布そのものの風合いを見直しました。両面お使い頂ける仕様で、片面は柔らかでふかふかの肌触りのポリエステルのマイクロファイバーマイヤーを、もう片面は天然素材の優しい肌触りの綿を採用しました。マイクロファイバーマイヤーではPDC200は女性をターゲットにした優しい花柄、PC200はグラデーションの上にクローバーをちりばめた優しいデザインに仕上げました。例えば、敷いて使う時には肌触りの良いポリエステルマイヤーを上にしてお使いいただき、掛けて使う時には胸元には優しい肌触りの綿の方を向けてというような使い方が可能です。

*1:2005年8月2日現在

3.眠っている時の暖めすぎを防ぐ「切タイマーコース」採用 
  快眠プログラムに加え、「切タイマー」コースも設けております。
  (残時間表示式)

その他の特長

(1)便利な「現在時刻表示」 
(2)見やすく分かりやすい「デジタル表示部」
(3)体感温度を一定に、冷え込む朝も心地よい「適温センサー」
(4)いつも清潔、丸洗いできる「洗える電気毛布」
(5)嫌なダニを退治する「ダニハンター」
(6)胸元スッキリ、足元ポカポカ「頭寒足熱配線」
(7)気になる方に「電磁波低減機能」(BKS−PDC200のみ)

III仕様
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【品番】BKS−PDC200
【色】(P)ピンク
【消費電力】75W
【寸法(cm)】188×137
【運転切換】連続/切タイマー/快眠プログラム
【表地】表:ホ゜リエステル、裏:綿
【その他】電磁波低減機能
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【品番】BKS−PC200
【色】(C)ベージュ
【消費電力】75W
【寸法(cm)】188×137
【運転切換】連続/切タイマー/快眠プログラム
【表地】表:ホ゜リエステル、裏:綿
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



こんな新製品が発売されるということです。

実際に使ってみないことにはなんとも言えないですがぐっすり眠れない方の助けになればいいですね。
posted by 山田 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

用語解説 ヘリコバクター・ピロリ

胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などと深い関係にあると考えられている菌である。
胃の中は強酸性なのでほとんどの細菌は死滅してしまうが、ヘリコバクター・ピロリは自分のまわりをアルカリ性にして酸を中和しながら生き続ける事が出来る。
このヘリコバクター・ピロリが出す毒素によって胃の粘膜が刺激され、炎症を起こして潰瘍をつくると言われている。


マヌカハチミツ/アクティブ10+でオーガニックピロリ菌の気になる方に世界で唯一のヒーリングハニー

ヘリコバクターピロリ菌抗体検診

posted by 山田 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

体内時計制御解明で不眠、 うつの治療に道 (毎日新聞より)

山之内製薬(現、アステラス製薬)と理化学研究所のグループが体内時計として働く遺伝子上の朝になると活性化する塩基配列が体内時計を制御していることを突き止めた。これにより体内時計のリズムが崩れて起こる不眠やうつの症状、時差ぼけの解消に道を開く成果との事

セントジョーンズワート300mg


気分の落ち込んだときのサプリメント。高品質のこちらをどうぞ

天然効果 セントジョーンズワート 7日分

お試しには激安のこちらの製品を



ご注意

(セントジョーンズワートと薬の併用は注意しなければ

ならないものがあります。薬を服用されてる方または、する予定の方は処方先、購入先等で医師、薬剤師などに必ず相談のうえご使用ください)
posted by 山田 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャンプーを変えるとぐっすり眠れる!? (medwaveより)

よる入浴時にいい香りやいいデザインのシャンプーを使うとその晩はよく眠れるというもの。この実験は杏林大学医学部精神神経科教授の古賀良彦氏らによって行われた。
19〜24歳の女性8人を対象に1日は香りがよく、泡立ちがよく、ボトルデザインも美しいシャンプーとコンディショナー。もう1日はそうでないシャンプーを使用して洗髪してもらいその夜の睡眠中の脳波をポリソムノグラフという装置で測定した。
入浴は午後八時。シャンプー1分30秒、トリートメントは1分行った。午後11時ベッドに入ってもらい午前7時に起こした。その結果香りがよく、泡立ちがよく、ボトルデザインも美しいシャンプーとコンディショナーを使ったときはベッドに入ってから入眠までの時間が8分間早まり睡眠中の1時間あたりの中途覚醒の回数は8.8回少なかった。香りがよく、泡立ちがよく、ボトルデザインも美しいシャンプーとコンディショナーではそうでないものに比べ睡眠効率が高かった。このことからシャンプーやコンディショナーを自分の好みの香り、泡立ち、デザインのものに変えるだけで眠りが改善する可能性があるとの事。
不眠で悩んでる方はためしに変えてみては?
posted by 山田 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。