2005年08月11日

若い女性の骨を強くするのはビタミンDと運動 (medwave)

食事によるビタミンDの摂取量を増やし、歩行数を増やすことが、血中ビタミンDの濃度を上げ、さらには骨密度を高めることにつながることがわかった。東京女子医科大学医学部産婦人科教室の黒田龍彦氏らが、平均20歳の女性を対象にした調査をもとに、7月23日の口演セッションで発表した。

 骨密度は加齢とともに生理的に低下し、特に閉経後はエストロゲンの減少で、骨密度は顕著に低くなる。このため若い頃に骨密度を上げておくことが、将来の骨粗鬆症を予防するといわれている。

 このグループでは別の口演発表の中で、同じく若年女性を対象にした調査から「血中25OH-ビタミンD濃度が25ng/ml以上であれば、高骨密度の獲得につながる」と述べている。このためビタミンDは骨密度の増加に寄与するという前提に基づいて、黒田氏らは、若い女性のライフスタイルと血中ビタミンDとの関係について調べた。

 対象は19〜25歳の健康な女性293人。採血サンプルからは25OH-ビタミンDを測定し、日常活動をライフコーダー(生活習慣記録機)や質問表で記録、さらに食行動を自記式質問表を用いて分析した。

 この結果、ライフコーダーによる総エネルギーは平均1819Kcal、運動のみのエネルギーは221Kcal、歩行数は8810歩だった。

 血中ビタミンD量との関係を調べると、運動エネルギーと歩行数は正の相関を示し、逆にテレビ鑑賞やゲーム時間などエネルギー消費が極めて低い運動とは負の相関を示した。また食事からのビタミンDの摂取量と血中ビタミンD量は相関しており、ビタミンDの摂取量と歩行数には相加的な効果もあったという。

 また、ビタミンDは紫外線を浴びると皮膚で生成されることから、黒田氏らは日常活動の記録から、野外で紫外線を浴びた時間を推定して、血中ビタミンD量との関係を調べた。しかし日照と血中ビタミンD量との関係は見い出せなかったと述べていた。

 このことから、血中のビタミンDを高濃度に保つには、食事によるビタミンDの摂取と歩行数を増やすことが若い女性においても必要であり、これは非薬物的介入法の一つであると結論づけた。




今日は骨密度のお話を見つけてきました。

女性いの方は特に若いとき骨密度を上げておくのが良いようですね。

気になる方は日ごろの食生活気をつけてみてはいかがですか。


<PR>

イソフラボン&サポニンたっぷり配合 丹波黒豆茶


ご飯を炊くときにお釜に混ぜるだけで、家族の誰もが知らない間にカルシウム不足解消! ハンカル


ダイエットだけでなくさまざまなことに有用です!不純物なしの寒天100%!食物繊維80%★ノンカロリー!寒天パワー【粉末寒天(業務用)500g×2個】
posted by 山田 at 13:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 骨の病気に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

カゴメと国際医療福祉大がトマトジュースで疲労軽減効果を発表 (medwave)

カゴメ総合研究所と国際医療福祉大学は、運動の合間にトマトジュースを飲むと、筋肉中に疲労物質の乳酸がたまりにくくなり、運動後の疲労を軽減させられる可能性があることを発表した。

 実験は、健康な成人10人に、30分の運動、60分の休憩、30分の運動、60分の休憩をとってもらった。運動は心拍数が130程度になる程度の強度で、自転車エルゴメーターを用いた。初めの休憩の時にトマトジュース、水、またはクエン酸を加えた糖液のいずれか320mLを取ってもらった。クエン酸+糖液の濃度はトマトジュースに含まれるクエン酸と糖の濃度と同じにした。

 血液中の乳酸は、最初の休憩の時、2回目の運動が終わった直後、その30分後、さらにその30分後に計測した。また、運動終了後に主観による調査を行った。

 その結果、2回目の運動直後の乳酸値の上がり方は、トマトジュース、クエン酸+糖液、水の順に低く、回復もその順に早かった。主観による調査ではトマトジュース飲用群では水飲用群に対し、有意に疲労感が少ない結果となった。




このような記事のを見つけました。

日ごろからなじみのある食品でも研究によって新たな効果どんどん見つかっていきます。

スポーツマンの方におすすめですね。



<PR>
青汁があるんだから、赤汁があってもいいじゃないか!!


カゴメ トマトジュース(食塩無添加)

認知症の予防には脳の体操が効果的? (WIRED)

適度な運動が体に驚くべき効果をもたらす。この原理を積極的に頭脳に応用しはじめている。

 「認知フィットネス」(cognitive fitness)というキャッチフレーズで、脳の使われていない部分を刺激して記憶力を向上させるという活動が注目されている。脳のフィットネス運動を提唱する人々は、こうした頭脳のコンディショニングが、記憶力の低下をはじめとする加齢に伴う認知障害を防止したり遅らせたりするのに役立つと主張する。

 『 http://www.cognitivecenter.org/default.asp ニューイングランド認知センター』(NECC)は高齢者向けの認知能力向上プログラムを提供している。例えば、脳の特定部分を刺激するコンピューター・プログラムや、釘を打った板と輪ゴムを使って幾何学模様を再現する作業、視覚や聴覚を用いた記憶エクササイズなどだ。

 
 脳を鍛えるセルフヘルプ本も数多く出版されている。CHAの老年心理学者ポーラ・ハートマン=スタイン氏は、デビッド・パールマター氏とキャロル・コールマン氏の著書『よりよい脳を作る本』(The Better Brain Book)と、ゲリー・スモール氏の『記憶のバイブル』(The Memory Bible)を推薦している。


 対象を絞った脳の体操で高齢者の認知障害をどの程度予防できるかは現在のところわかっていない。ただし、認知能力が高ければアルツハイマー病のリスクが低下することは、複数の研究で示されている。

 『 http://www.alzheimers.org/nianews/nianews6.html ナン・スタディー』という画期的な研究がある。このテーマに関するものとしては最も詳しい、広く引用されている研究だ。1930年代に書いた自筆の文章が残されているミルウォーキー州の修道女100人が研究の対象となった。文章を書いてから50年以上たってから、健在の修道女は認知能力のテストを受け、すでに死亡している修道女は脳組織が調べられた。この結果、若い頃の文章から判定して言語能力が低かった人のほうが、アルツハイマー病になる可能性が高いことが判明した。

 
 しかし、頭の体操という積極的な対策を高齢になってから始めたところで、脳障害の予防に本当に役立つかという懐疑的な見方もある。

 南カリフォルニア大学のマーガレット・ガッツ教授(心理学)は『パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス』が発表した http://medicine.plosjournals.org/perlserv/?request=get-document&doi=10.1371/journal.pmed.0020007 記事に、これまでの研究だけでは、知的エクササイズで認知症を回避できるという証拠は不十分だと記している。

 ガッツ教授は電子メールで、無作為に選んだ被験者に認知能力の訓練を受けてもらい、数十年間にわたって被験者を追跡すれば、もっと納得できる結論が得られるだろうと述べている。

 ガッツ教授はまた、知的フィットネスの利点を強調しすぎると、アルツハイマー病の患者に白い目が向けられるおそれがあると指摘する。

 「頭の体操で(アルツハイマー病を)予防できるという認識が広がれば、認知症になった人々が、頭の鍛え方が足りなかったせいだと非難されるようになるかもしれない」

 それでも、認知フィットネスを支持する人々は連邦政府の認識を高めようと努力している。今年の『ホワイトハウス高齢者問題会議』に先立って昨年12月に行なわれた情報収集のための会合では、脳の健康も体の健康と同じように推進されるべきだという主張が何度か聞かれたと、複数の参加者が述べている。

 米国加齢学会で特別プロジェクトの責任者を務めるナンシー・ケリドウィン氏は、脳を刺激する活動を続けることが大きなマイナスになる人はほとんどいないと話す。パズルやスペリングの練習、記憶エクササイズ、本の内容に関する話し合いなどが、著しい害をもたらすことはない。

 逆に言うと、ケリドウィン氏は、現在行なわれている脳の体操すべてが実際的だとは思っていない。脳の調子を上げることを目的とした数学の問題集が、人生の晩年を送っている人々を不必要に苦しめているのではないかと、ケリドウィン氏は心配しているのだ。

 「起き抜けに『今日も掛け算を解くのが楽しみだ』と言う人がどれだけいるだろう? そう多くはないはずだ」とケリドウィン氏は語った。




今日はこのような記事を見つけました。

頭を使うと良いというのは経験的に昔から言われていた事です。

日ごろからしっかり頭を使う習慣があるほうがのちのち良いでしょうね。

ケリドウィン氏の言うように歳を重ねてから計算ドリルをするのも大変でしょうし。


<PR>

スッキリ、さわやかな香りが脳を刺激、元気にリフレッシュ

イチョウ葉のフラボノイドは血管を強化する働きがあり脳障害などに効果的なことも注目されています。
posted by 山田 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の病気に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

アイビー化粧品と北里大が生薬から肌荒れ防ぐ成分発見 (medwave)

アイビー化粧品は8月5日、北里大学との共同研究により、生薬の一種である「紫梗(しこう)」の粉末や抽出成分に、皮膚各種炎症反応の原因の一つと考えられているインターロイキン8(IL-8)の産生抑制作用があることを見出したと発表。同社はこの成果をもとに、肌荒れを改善する皮膚外用剤として特許出願中だ。製品化までには1年以上を要するという。

 この成果により、化粧品原料やアレルギー物質、紫外線、環境ストレスなどによる敏感肌、皮膚バリヤー機能が低下した肌対応に、紫梗の成分が含まれた肌荒れ改善皮膚外用薬を提供できるとアイビー化粧品はしている。

 紫梗は、漢方薬として用いられており、消炎・解熱作用や解毒の効能が知られている。IL-8(白血球遊走・活性化因子)は、細菌・ウイルスなどの感染、アレルゲン、紫外線や物理化学的刺激により活性化された皮膚ケラチノサイト(表皮を構成する主な細胞)によって産生される各種炎症性サイトカイン(細胞間情報伝達物質)のひとつ。炎症発現の誘発物質として知られている。


こういったニュースを見つけました。
最近、生薬からの有効成分の発見、応用が多くみられます。
漢方薬も見直されつつあります。
今後も西洋と東洋の医学の共存、融合が進んでいくのではと思います。
posted by 山田 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 皮膚の病気に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

感染しない人に遺伝的特徴 HIV免疫を早期に活性化 (共同通信より)

エイズウイルス(HIV)感染者と性交渉があっても感染しない人には、DNAの特定領域に共通の特徴があることを宮沢正顕近畿大教授(免疫学)とイタリアのミラノ大の研究グループが4日までに見つけた。
 予防や治療につながる可能性があるのではないかという。
 宮沢教授らは、イタリアで感染者のパートナーと4年以上性交渉があり感染していない42人のDNAを解析。22番染色体に、特徴的な並び方の塩基配列の部分があるのを見つけた。イタリアでは10数%の人にこの特徴があることが分かった。
 この領域には免疫細胞の働きを調節する遺伝子が複数あり、感染しない人では免疫を活発化させるタンパク質が普通の人より多く出ているのを確認した。宮沢教授らは、ウイルスが侵入するとこれらの遺伝子に“スイッチ”を入れる遺伝子があるとみて探している。



このような興味深い記事を見つけました。

この記事を読むまでエイズウイルス(HIV)感染者と性交渉があっても感染しない人がいることを知りませんでした。

将来的にこういった研究から画期的な治療法が発見されることを切に願います。
posted by 山田 at 15:08| Comment(1) | TrackBack(0) | HIVに関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体外受精卵1日長く培養→子宮に戻す、妊娠率2倍に (読売新聞より)

体外受精した受精卵を、通常より約1日長く培養した「桑実胚(そうじつはい)」の段階で子宮に戻す新手法で、妊娠率が約2倍に高まることが、北九州市のセントマザー産婦人科医院の田中温院長らの研究でわかった。

 妊娠しやすい方法として急速に普及してきた「胚盤胞移植」に匹敵する妊娠率だが、胎盤を共有する特殊な双子の発生率が高いなど、最近指摘され始めた胚盤胞移植の問題点を克服できる可能性もある。

 4日から大阪市で開かれる日本受精着床学会で発表される。

 体外受精では通常、受精から2〜3日後の受精卵(細胞数4〜8個)で子宮に戻すが、妊娠率は20〜30%程度。このため着床寸前の段階まで長期培養する「胚盤胞移植」が普及してきた。ところが、「胚盤胞移植」では、〈1〉胎盤を共有する一卵性双生児、二卵性双生児の発生率が高くなる〈2〉凍結保存で受精卵が損傷を受けることが多い――などの欠点がある。

 田中院長らは、胚盤胞に至る前の桑実胚(細胞数16〜64個)の段階で1〜2個を子宮に戻す治療を276例実施。妊娠率は38〜56%で、胚盤胞移植の38〜58%と同程度だった。

 胚盤胞移植では2・5%が一卵性双生児だったが、桑実期胚移植では0%。流産率も胚盤胞移植の29・4%に対し20・3%で、桑実期胚移植のほうがリスクが低かった。




このような記事を見つけました。

この方法が確立されると体外受精を考えてる方には朗報かと思われます。

経済的、精神的負担が軽減されることになれば、と思います
posted by 山田 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊治療に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三洋電機、「快眠プログラム」搭載の電気掛敷毛布を発売 (日刊工業新聞より)

【リリース・電気機器】新商品のご紹介
業界初、「快眠プログラム」搭載
心地よい睡眠をお手伝いする「電気掛敷毛布」を発売

                      三洋電機株式会社

【品名】電気掛敷毛布
【品番】BKS−PDC200、BKS−PC200
【愛称】ぐっすりサポート毛布「ス・ヤ・ヤ」
【メーカー希望小売価格】オープン価格
【当初月産】2,000台
【発 売 日】2005年9月1日
【カラー】PDC200(P):ピンク、PC200(C):ベージュ 

 ◆主な商品の特長

 1.業界初(*1) 心地よい睡眠を考えた「快眠プログラム」採用
2.業界初(*1) 敷いて使う時はふわふわ、掛けて使う時はさらっとした肌ざわり「マイクロファイバー/綿 毛布」採用
3.眠っている時の暖めすぎを防ぐ「切タイマー」採用
※1:2005年8月2日現在 

 ◆関連特許 2件申請(発明数18項目)

I 概要 

現在、睡眠で休養が十分に取れていないという人は23%おり、特に20代から40代の働き盛りに多いとのデータがあります(1997年厚生労働省調べ)。それを受けて、睡眠に関する事業、商品は多岐に渡り、その規模は2010年には10兆円市場とも言われており(日本経済新聞より)、眠りに入る時、眠っている最中、寝起き時のそれぞれの不満を解消する商品が提案されております。

このような背景から、弊社では研究開発本部ヒューマンエコロジー研究所にて、睡眠と健康に関する研究開発に取り組んでいます。

一方、快適な睡眠を暖かさで補助する電気毛布は、昨年約71万台出荷され(電機工業会出荷ベース)、普及率も約48%(BBRデータより)と、安定した需要となっております。

今回研究開発本部と共同開発により「快眠プログラム」を開発し、コンシューマ商品の中でも眠りに密接した電気毛布を、従来の暖めるだけの機能から、業界で初めて*1眠りを科学し、快適な睡眠を支援する目的の商品として提案いたします。

*1:2005年8月2日現在

 II 特長

1.業界初(*1) 心地よい睡眠を考えた「快眠プログラム」採用

当社が考える快眠は、「すぐに眠れる」「ぐっすり眠れる」「すっきり目覚める」の三つを満たすことです。

 (1)「すぐに眠れる」は寝床に入ってから寝付くまでの時間が短く、深い睡眠が早く現れる事。
(2)「ぐっすり眠れる」は夜中に目覚めることが無く、深い睡眠、浅い睡眠が規則正しい間隔で1晩に3〜5回起こる事。
(3)「すっきり目覚める」は朝、すっきりと目が覚めて、気分爽快な感じがする事。

これら3つのパートで、より快適に眠るためには、寝床内温度がポイントになります。そこで今回、プログラムタイマー制御により温度制御を行い、より快適な睡眠をサポートする、「快眠プログラム」を搭載しました。

まず、床に入る約1時間前に通電し、自動速熱運転で寝床内温度を上げることで、心地良い暖かさで入床いただき、寝つきをよくします。次に就寝時、快眠プログラムをスタートさせると徐々に毛布の温度を下げることにより、体温や心拍数を下げ、深い睡眠に入り易いようサポートします。その後は適温センサーで室内の温度を検知し、寝床内温度を調整することで暑くも、寒くもないニュートラルな状態を作り出し、快適な睡眠に導きます。

さらに、あらかじめ設定しておいた起床時刻の約30分前から、再び温度を上げていき、快適に目覚める準備がはじまる環境にします。また、設定した起床時刻には、目覚まし代わりにアラームを鳴らしてお知らせします。

今回、この快眠プログラムの効果を実証すべく、立命館大学スポーツ・健康産業研究センター(*2)のご協力を得て検証実験を行い、それぞれのパートで効果のあることが実証されました。
また、快眠プログラムの設定温度、起床時間は一度設定すると次回からは、快眠プログラムを選択し「おやすみスタート」ボタンを押せばすぐに使えるようになっております。

*1:2005年8月2日現在
*2:ヒューマンオリエンティツドな次世代の科学技術の在り方を考える、  ヒューマンテクノロジー技術の産官学連携研究センター 
   http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/spoken/

 2.業界初(*1) 敷いて使う時はふわふわ、掛けて使う時はさらっとした肌ざわり「マイクロファイバー/綿 毛布」採用

 今回快眠プログラムモードを搭載するにあたり、より快適に眠っていただけるよう、毛布そのものの風合いを見直しました。両面お使い頂ける仕様で、片面は柔らかでふかふかの肌触りのポリエステルのマイクロファイバーマイヤーを、もう片面は天然素材の優しい肌触りの綿を採用しました。マイクロファイバーマイヤーではPDC200は女性をターゲットにした優しい花柄、PC200はグラデーションの上にクローバーをちりばめた優しいデザインに仕上げました。例えば、敷いて使う時には肌触りの良いポリエステルマイヤーを上にしてお使いいただき、掛けて使う時には胸元には優しい肌触りの綿の方を向けてというような使い方が可能です。

*1:2005年8月2日現在

3.眠っている時の暖めすぎを防ぐ「切タイマーコース」採用 
  快眠プログラムに加え、「切タイマー」コースも設けております。
  (残時間表示式)

その他の特長

(1)便利な「現在時刻表示」 
(2)見やすく分かりやすい「デジタル表示部」
(3)体感温度を一定に、冷え込む朝も心地よい「適温センサー」
(4)いつも清潔、丸洗いできる「洗える電気毛布」
(5)嫌なダニを退治する「ダニハンター」
(6)胸元スッキリ、足元ポカポカ「頭寒足熱配線」
(7)気になる方に「電磁波低減機能」(BKS−PDC200のみ)

III仕様
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【品番】BKS−PDC200
【色】(P)ピンク
【消費電力】75W
【寸法(cm)】188×137
【運転切換】連続/切タイマー/快眠プログラム
【表地】表:ホ゜リエステル、裏:綿
【その他】電磁波低減機能
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【品番】BKS−PC200
【色】(C)ベージュ
【消費電力】75W
【寸法(cm)】188×137
【運転切換】連続/切タイマー/快眠プログラム
【表地】表:ホ゜リエステル、裏:綿
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



こんな新製品が発売されるということです。

実際に使ってみないことにはなんとも言えないですがぐっすり眠れない方の助けになればいいですね。
posted by 山田 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

職場の「心の病」、30代で増えてます 財団法人調査 (asahi.comより)

職場で、うつ病や神経症など「心の病」にかかっている30代が増えている――そんな傾向が、労働組合を対象にしたアンケートで浮かんだ。

 経済界などでつくる財団法人、社会経済生産性本部メンタル・ヘルス研究所が今年2月、無作為抽出をした全国の2384の労組を対象に調査、543組合から有効回答を得た(回収率23%)。

 それによると、68.7%の労組が「組合員のここ3年間の『心の病』が増加傾向にある」と回答した。組合規模が大きいほど増加傾向の割合が多かった。

 最も多い年齢層としては、半数の組合が30代を挙げた。組合員が1カ月以上休業している例も68.1%の組合であった。03年に実施した時より悪化の傾向にあり、年齢層も40代から30代に移った。

 原因は「職場の人間関係」が30.4%で最も多く、「仕事の問題」(18.6%)が続いた。その背景として半数の組合が「コミュニケーションの希薄化」を挙げた。全体の約3分の2の組合は運動方針に「メンタルヘルスへの取り組み」を掲げ、「検討中」と合わせると8割を超えた。
posted by 山田 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の病気に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

アラキドン酸で”脳力”回復 半年服用で記憶改善 (北國新聞)

鶏卵やレバーに含まれる食用油脂「アラキドン酸」が傷んだ脳機能の回復に効果があることを、金大大学院医学系研究科の山嶋哲盛助教授(再生脳外科学)らの研究グループが確認した。脳卒中や脳挫傷の後遺症で記憶力や注意力の低下に悩む患者が増える中、六カ月間の服用により記憶力が平均並みに改善した例もあった。七月の日本神経科学大会で発表する。

 サントリー健康科学研究所との共同研究で、脳卒中や脳挫傷の後遺症、アルツハイマー病の患者ら二十五人にアラキドン酸を飲んでもらった。

 このうち、二十年前の脳挫傷で物覚えが悪くなり仕事を辞めざるを得なかった石川県内の男性(65)の場合、高次脳機能を評価するアーバンス神経心理テストで総合点が三十五点しかなかったが、アラキドン酸を服用して三カ月後に四十二点、六カ月後には平均値の五十点にまで回復した。

 アラキドン酸は、脳卒中や脳挫傷の後遺症には効いた一方、アルツハイマー病では今のところ、症状が改善したといえるデータは出なかった。

 医療の発達により、脳卒中や脳挫傷から生還して社会復帰する患者が増えているが、見た目は元気で言葉に不自由しなくても、電話の内容を覚えられなかったり、おっちょこちょいになったりするなど、記憶力や注意力が低下して社会に適応することが難しい事例も増えている。

 これまで、理化学研究所などの研究で、アラキドン酸が神経細胞の伝達能力を高めたり、老齢ラットの学習・記憶力を改善したりする作用が確認されているが、実際に人間が飲んで脳障害を回復する効果が明らかになったのは初めて。山嶋助教授は「研究ではアラキドン酸の効果だけを確かめるため、十年以上、脳機能が改善しなかった患者で調べたが、脳卒中や脳挫傷の直後から飲み続けることで回復が早く、後遺症を軽減できる可能性もある」としている。

 高橋均・新潟大脳研究所長(脳神経病理学)

これまでアラキドン酸を飲んで脳障害に効いたという話はなかった。患者や家族に福音をもたらすものと考えられる。さらに大規模な臨床試験で効果を確かめる必要がある。

 アラキドン酸(ARA) 魚介類や母乳、レバー、卵黄などに含まれる脂肪酸。よく知られるDHAやEPAと同じく、脳の働きに重要な役割を果たすとして注目されている。体内でリノール酸から合成できるが、高齢者や乳幼児は十分に合成できないため、直接摂取するのが望ましい。
posted by 山田 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳の病気に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

用語解説 ヘリコバクター・ピロリ

胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などと深い関係にあると考えられている菌である。
胃の中は強酸性なのでほとんどの細菌は死滅してしまうが、ヘリコバクター・ピロリは自分のまわりをアルカリ性にして酸を中和しながら生き続ける事が出来る。
このヘリコバクター・ピロリが出す毒素によって胃の粘膜が刺激され、炎症を起こして潰瘍をつくると言われている。


マヌカハチミツ/アクティブ10+でオーガニックピロリ菌の気になる方に世界で唯一のヒーリングハニー

ヘリコバクターピロリ菌抗体検診

posted by 山田 at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 睡眠に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。